初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:C.エドワーズ、好スタート

フリー走行1:C.エドワーズ、好スタート

MotoGPのフリー走行1は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマークした。

MotoGPのフリー走行1は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度27度のドライコンディションの中、3週間のカタール公式テストで好パフォーマンスを披露したアメリカ人ライダーは、昨年バレンティーノ・ロッシが樹立したサーキットレコードラップを上回る1分56秒665の一番時計を刻んだ。

昨年のポールシッター、ケーシー・ストーナーは、0.080秒差の2番手。エドワーズと共にニューデザインのマシンとツナギで登場したロッシは、0.122秒差の3番手だった。

ホンダ勢一番手は4番手のカルロス・チェカ。昨年の開幕戦勝者ロリス・カピロッシ、手首を負傷しているジョン・ホプキンス、ヘレス公式テストで好パフォーマンスを見せたマルコ・メランドリが続いた。

コニカミノルタ・ホンダでデビューする中野真矢は23ラップを走り、トップから0.826秒差の8番手スタート。ダニ・ペドロサ、アレックス・ホフマンがトップ10入りした。

タイトル防衛に向け、ゼッケン1で登場したニッキー・ヘイデンは、トップから2.259秒差の16番手。ヤマハ&ダンロップのパッケージで挑戦する玉田誠は20番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›