初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選1:H.バルベラ、4人のハードバトルを制す

公式予選1:H.バルベラ、4人のハードバトルを制す

250ccクラスの公式予選1は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、エクトル・バルベラが暫定ポールポジションを奪取した。

250ccクラスの公式予選1は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、エクトル・バルベラが暫定ポールポジションを奪取した。

気温27度、路面温度35度のドライコンディションの中、アプリリアのファクトリー勢4人が2分01秒台を突破するスペクタクロなバトルを展開。カタール公式テストを制したバルベラが、昨年樹立した2分01秒748を1.048秒更新する2分00秒070を叩き出した。

250ccクラス王者のホルヘ・ロレンソと125ccクラス王者のアルバロ・バウティスタが続き、スペイン勢がトップ3を独占。ランク3位のアレックス・デ・アンジェリスが4番手。2年前の125ccクラス王者トーマス・ルティはトップから1.096秒差の5番手に入り、アプリリアがトップ5を独占した。

ホンダ勢トップは、昨年ランク2位のアンドレア・ドビツィオーソ。6番手につければ、125ccクラスで実績を積んだミカ・カリオが続いた。

日本勢トップは青山周平。トップから1.484秒差の8番手につけ、青山博一は9番手。負傷から回復している高橋裕紀は13番手。関口太郎は25番手だった。

Tags:
250cc, 2007, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, QP1

Other updates you may be interested in ›