初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ヤマハ勢、1・2番手

フリー走行2:ヤマハ勢、1・2番手

MotoGPのフリー走行2は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。フリー走行1でトップだったコーリン・エドワーズが2番手に入り、ヤマハ勢が初日のセッションを制した。

MotoGPのフリー走行2は8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。フリー走行1でトップだったコーリン・エドワーズが2番手に入り、ヤマハ勢が初日のセッションを制した。

気温25度。路面温度42度のドライコンディションの中、午前のセッションで3番手だった昨年の勝者ロッシは、昨年樹立したサーキットレコードラップを大きく上回る1分56秒464の一番時計を刻み、同僚エドワーズに0.315秒差のアドバンテージをつけた。

3番手には、昨年のポールポジションを奪取したケーシー・ストーナーが入り、ジョン・ホプキンス、カルロス・チェカ、ダニ・ペドロサ、マルコ・メランドリ、ロリス・カピロッシ、トニ・エリアスが続いた。

フリー走行1で8番手だった中野真矢は、23ラップを走行。午前中のタイムを更新できず、トップから1.027秒差の10番手。王者ニッキー・ヘイデンは、トップから1.458秒差の15番手。新天地ダンロップ・ヤマハ・テック3からデビューする玉田誠は21番手。厳しいスタートとなった。

Tags:
MotoGP, 2007, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, FP2

Other updates you may be interested in ›