初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選2:J.ロレンソ、王者の貫禄

公式予選2:J.ロレンソ、王者の貫禄

250ccクラスの公式予選2は9日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、王者ホルヘ・ロレンソが開幕戦のポールポジションを奪取した。

250ccクラスの公式予選2は9日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、王者ホルヘ・ロレンソが開幕戦のポールポジションを奪取した。

気温26度、路面温度49度のドライコンディションの中、セッション終盤にアプリリア勢5人がサーキットベストラップ(2分01秒748)を大きく上回るポール争いを展開。ロレンソが1分59秒432を叩き出し、トップグリッドを獲得すれば、エクトル・バルベラ、アレックス・デ・アンジェリス、アルバロ・バウティスタが1列目を獲得。トーマス・ルティが5番手に入った。

青山博一は、午前中に僅か6ラップしか走れず、厳しい状況だったが、6番手を確保。アンドレア・ドビツィオーソ、ミカ・カリオが2列目に並んだ。

昨年の最終戦で大腿骨を骨折した高橋裕紀は、9番手でフィニッシュ。チーム全員から拍手喝采で迎えられれば、青山周平は13番手。関口太郎は、車体を交換した後にペースを上げてきたが、エンジントラブルに見舞われ、25番手に終わった。

Tags:
250cc, 2007, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, QP2

Other updates you may be interested in ›