初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

D.ペドロサ(公式予選1位):
「今日の目標だった1列目に位置したことは重要だったけど、ポールを獲得してすごく嬉しい。ポールだけど、特にプレッシャーが加わったことはないけど、すごく接近しているから、いいスタートを切ることがカギだ。」

V.ロッシ(公式予選2位):
「浮き沈みのあった週末だから、目標の1列目を獲得したことは良かった。タイムは良かったけど、1ヶ月前の公式テストのように、もっと速く走れることができる。レースタイヤで苦労し、午前は最悪だったから、少し心配だったけど、ミシュランと状況を研究して、午後はすごく良くなった。」

C.チェカ(公式予選3位):
「1列目は特に地元レースだから、すごく気分がいい。セットアップはすごくいい。表彰台争いにチャレンジするつもりだ。チームは素晴らしい仕事をしてくれたから、フロントエンジに自信を持たせてくれた。」

C.エドワーズ(公式予選4位):
「僅少差で1列目に位置できなかったから気分は良くない。最後に履いた予選タイヤで1コーナーのスピードが不足し、T1でタイムロスしてしまった。その差が出てしまった。昨夜は心配していたけど、チームがバイクを元に戻してくれた。」

中野真矢(公式予選7位):
「岡田(忠之)さんが助けてくれ、走ることに集中しました。予選タイヤで、まだどこまで行けるのか分からないです。2度目はいいイメージで行け、タイムが出たのは収穫。ブリヂストンの走り方が染み付いているし、自分のスタイルは変えたくないですが、タイヤとマシンに合わせていきたいです。明日は6位以上を狙います。」

N.ヘイデン(公式予選11位):
「幾つか良くなり、感触がすごく良くなった。予選タイムに関しては満足していないし、スターティングポジションには少しがっかりしている。大きなギャップはないけど、このサーキットにおいて大きな意味がある。」

玉田誠(公式予選17位):
「昨日の続きで、マシンのセッティングはせずに、決勝に使うタイヤテストをしました。まだ決まっていないので、今夜ミーティングをして、選びます。明日の朝、マシンを少し調整して、グリップ力を上げてみます。1ラップ、1ラップでベストを尽くします。」

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, QP

Other updates you may be interested in ›