初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:G.タルマクシ、東欧バトルを制す

決勝レース:G.タルマクシ、東欧バトルを制す

第2戦スペインGPの決勝レースは25日、ヘレス・サーキットで行われ、ガボール・タルマクシがルーカス・ペセックとの東欧対決を僅少差で制した。

第2戦スペインGPの決勝レースは25日、ヘレス・サーキットで行われ、ガボール・タルマクシがルーカス・ペセックとの東欧対決を僅少差で制した。

気温16度。路面温度24度のドライコンディションの中、ハンガリー出身のタルマクシは2番グリッドから飛び出すと、チェコ出身のペセックは中盤に追いつき、お互いに牽制しあう展開となったが、最後はタルマクシが前戦カタールGPのリベンジを同じような形で晴らすようにスリップを使い、0.014秒差で勝利を飾った。

エクトル・ファウベルは単独走行で3位表彰台獲得。新人ポル・エスパルガロはセルジオ・ガデアに競り勝ち、パブロ・ニエト、サンドル・コルテセ、ジョアン・オリベ、マイケル・ランセンデール、ロレンソ・サネッティがトップ10入りした。

6番グリッドからスタートした小山友良は、3番手のファウベルを追走していたが、ラスト4ラップで転倒。ポールポジションのマティア・パシーニはスターティングウォームアップランでマシントラブルに見舞われ、ピットレーンからスタート。ポジションを巻き返したが、2ラップ目にブラドリー・スミスと接触転倒した。

Tags:
125cc, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, RAC

Other updates you may be interested in ›