初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一:「ロカテリさんの方が心配です」

青山博一:「ロカテリさんの方が心配です」

青山博一は、第2戦スペインGPで6位フィニッシュ。強行出場で貴重なポイントを稼いだ。

青山博一は、第2戦スペインGPで6位フィニッシュ。強行出場で貴重なポイントを稼いだ。

開幕戦カタールGPの決勝レースで右手小指を負傷。翌日にはバルセロナ市内の病院で、切断した靭帯を繋ぐための手術と感染症を防ぐための洗浄を受けた。担当医からは一部削られた肉と皮膚が再生するまで安静するように指示を受けていたが、青山は初日のフリー走行1への走行を志願。チームはライダーの意志に応えるようにハンドルを太くするなど、少しでも乗りやすいように調整を進めた。

そして、決勝レースでは14番グリッドから徐々にポジションアップに成功。右手をかばうために、左腕にも大きな負担がかかる厳しい状況の中でアレックス・デボンとのバトルを繰り広げた。

バルセロナに戻り、検査のために火曜に病院を訪れた青山は、「(担当医の)ミル先生から、走っていけないと言われていたので怒られると思っていましたが、幸い悪化していませんでした。思っていたよりも順調に回復し、数日後には抜糸します」と説明した。

その一方で、同じ250ccクラスに参戦するロベルト・ロカテリの様態が気になっていた。「ロカテリさん、大丈夫ですか?心配です。僕のケガと比べれば、僕のは大したことないです。一日も早く回復することを祈ってます。」

Tags:
250cc, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›