初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

6年ぶりに加藤大治郎の記録が更新される

6年ぶりに加藤大治郎の記録が更新される

第2戦スペインGPで、アレックス・デ・アンジェリスが6年ぶりにサーキットベストラップの記録を更新した。

第2戦スペインGPで、アレックス・デ・アンジェリスが6年ぶりにサーキットベストラップの記録を更新した。

サンマリノ人ライダーは、トップグリープを追いかけた4ラップ目に、加藤大治郎が2001年に樹立したラップタイムを0.149秒上回る1分44秒295を叩き出した。

6年前、加藤は原田哲也とのバトルを繰り広げながら、8ラップ目にサーキットベストラップを記録すると、13ラップ目、14ラップ目に連続して記録を更新すると、残り8ラップの18ラップ目に、単独走行で記録を打ち立てていた。

過去10年間の決勝レースベストタイム
2007年A.デアンジェリス(アプリリア)1分44秒295
(ドライ/気温17度/路面温度32度)
2006年H.バルベラ(アプリリア):1分45秒037(ドライ/23度/30度)
2005年R.ドプニエ(アプリリア):1分44秒459(ドライ/13度/24度)
2004年R.ロルフォ(ホンダ):1分58秒815(ウェット/15度/13度)
2003年M.ポジアーリ(アプリリア):1分45秒350(ドライ/25度/33度)
2002年F.ニエト(アプリリア):1分45秒243(ドライ/19度/24度)
2001年加藤大治郎(ホンダ)1分44秒444(ドライ/19度/25度)
2000年R.ウォルドマン(アプリリア):1分44秒991(ドライ/20度/25度)
1999年中野真矢(ヤマハ)1分44秒875(ドライ/24度/30度)
1998年L.カピロッシ(アプリリア):1分45秒250(ドライ/17度/21度)

Tags:
250cc, 2007, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›