Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第3戦トルコGPを前日に控えた19日、プレスカンファレンスが行われ、主役たちが出席した。

第3戦トルコGPを前日に控えた19日、プレスカンファレンスが行われ、主役たちが出席した。

ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、「僅か2戦で状況がどうとか言うのは非常に難しい。これから2週間毎にグランプリが開催されるから、今まさに、チャンピオンシップが始まったところだと言える。序盤の2戦は上手く行ったし、ヘレスの勝利は重要だった」と説明した。

「ここは好きなサーキットではない。勝ったことがないからと言う訳ではないけど、来る度に不思議な気分だ。それに、2006年にはM1に問題があった。」

昨年最高峰クラスで初の表彰台を獲得したケーシー・ストーナーは、「好きなサーキットではないけど、ここで好リザルトを挙げた。高速と低速コーナーのバランスが必要だから、セッティングを煮詰めるのに難しいコースだ。ドゥカティとブリヂストンは序盤2戦で戦闘力があったから、僕たちには可能性があると思う。ドゥカティのポテンシャルはここでは重要だけど、あまりストレートがない」と説明した。

2年連続勝者のマルコ・メランドリは、「僕の好きなコースの1つ。現状、難しい状況にあることを考慮すれば、表彰台は好リザルトだ。ヘレスでの事後テストで幾つかのことは改善した。2列目以内からのスタートは重要だ」と公式予選の重要性を語った。

昨年のポールシッター、クリス・バーミューレンは、「序盤で好順位を獲得することは困難だったけど、ヘレスでのラップは戦闘的だった。プレシーズンの状態に戻れば、僕たちは速い。昨年はドライコンディションであまり走っていないから、予選タイヤをどう使用するか分からないけど、もし、ベスト選択をすれば、僕たちにはアドバンテージがある」と自信を見せた。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›