初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、好発進

M.パシーニ、好発進

第3戦トルコGPの公式予選1は20日、イスタンブールパークで行われ、マティア・パシーニがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

第3戦トルコGPの公式予選1は20日、イスタンブールパークで行われ、マティア・パシーニがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度34度。朝のフリー走行1はウェットコンディションだったが、好天候に恵まれ、ドライコンディションの中でスタート。開幕から2戦連続してリタイヤしたイタリア人ライダーは、ポイントリーダーのガボール・タルマクシに0.238秒差のアドバンテージを得て、公式セッションを制した。

小山知良は、2年前に表彰台を獲得した舞台で、トップから0.573秒差の3番手。好ポジションを確保すれば、シモーネ・コルシ、ルーカス・ペセック、セルジオ・ガデア、サンドロ・コルテーセアンドレア・イアンノーネ、エクトル・ファウベルが続いた。

午前中のセッションでトップだったブラドリー・スミスは10番手。MotoGPアカデミーの同僚であり、負傷代理参戦のケブ・コグランは25番手。少女ワイルドカードのニコレット・コバックスは予選突破タイムをクリアーできなかった。

Tags:
125cc, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY, QP1

Other updates you may be interested in ›