初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

V.ロッシ(公式予選1位):
「このコースは決して好きじゃなかったから、ポールが獲れてすごく嬉しい。過去、ここでは厳しかったけど、今年はまるで別のコースだ。すごく楽しい。M1は高い戦闘力がある。以前より、走っていてすごく楽しいし、エンジンの改良により、バイクのパフォーマンスは全体的に重要な進歩を得た。3列目までは接近しているから、明日はハードなバトルとなるだろう。」

C.エドワーズ(公式予選2位):
「チームに感謝。昨日の問題を分析した。ミシュランの予選タイヤはまるでチューインガムのようで、僕はスロットルを全開にすることができた。コースのT3でタイムロスしているから、集中しなければ。チームにとって、2人が上位にいることはビックなリザルトだ。明日の同じような結果になることを期待する。」

D.ペドロサ(公式予選3位):
「セッション最後は、誰もがベストタイムを狙っていたから渋滞に出くわしてしまった。だから、問題は僕だけではない。前にスペースができるようにスピードを落としたけど、ホプキンスに前に入られ、ずっと彼と一緒だった。もし、そうでなければ、もう少し速く走れただろうけど、1列目はレースに向けて重要だ。」

C.ストーナー(公式予選4位):
「レースリズムに大満足。午後はセッティングとタイヤを理由的に確信するために大きな変更をしなかった。トップグループで戦うことが出来ると思う。予選タイヤを履く前、ボックス内で待機した。必要なことを全て試したから、走行を続ける理由はなかった。2本目の予選タイヤの時は不運にも数人のライダーが僕を待っていて、自由に走ることができなかった。」

L.カピロッシ(公式予選5位):
「1分54秒台。レースリズムはいい。予選タイヤが2本(ニュータイヤとスタンダード)あり、最初に新しいタイヤを履いたら、すごくポテンシャルがあり、すごく気に入った。T2で通常より0.5秒ほど短縮した。すごく速かった。縁石で転びそうになり、そこで0.7秒ぐらいロスしてしまっただろう。ブリヂストンはいい仕事をしたと言わないと。昨年は沢山の問題があったけど、解決した。」

N.ヘイデン(公式予選6位):
「今シーズンのベストグリッド。上位陣の近くでスタートできるから嬉しい。だけど、僕のリズムは好きなように高くない。予選タイヤは良く走ってくれた。明日はいいスタートを切って、上位陣と戦うつもりだ。」

中野真矢(公式予選12位):
「初日はトラブルや転倒があり、上手く行きませんでした。フィーリングがあまりなく、コーナーで上手くスピードに乗せていけない問題を抱えていて、無理するとタイヤに負担がかかってしまい、転んでしまう状態です。2日続けての転倒に自分でも驚いています。明日は最低でもトップ10には入りたいです。」

玉田誠(公式予選15位):
「路面温度が低い時はグリップが稼げますが、路面温度が上がると...明日は曇ってくれればと願います。明日は今年まだ一桁がないので、それを目指します。」

Tags:
MotoGP, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY, QP

Other updates you may be interested in ›