初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、ポイントリーダー奪回

C.ストーナー、ポイントリーダー奪回

第3戦トルコGPの決勝レースは22日、イスタンブールパークで行われ、ケーシー・ストーナーが開幕戦に続き2勝目を挙げ、ポイントリーダーの座を奪回した。

第3戦トルコGPの決勝レースは22日、イスタンブールパークで行われ、ケーシー・ストーナーが開幕戦に続き2勝目を挙げ、ポイントリーダーの座を奪回した。

気温23度。路面温度38度のドライコンディションの中、4番グリッドからスタートした21歳のオーストラリア人ライダーは、オープニングラップでトップに躍り出ると、徐々にライバルたちを引き離し、一度もポジションを譲ることなく、トップでチェッカーを受けた。

10番グリッドのトニ・エリアスは、好スタートで一気に4番手に浮上。10ラップ目に2位にポジションアップし、今シーズン初の表彰台を獲得。ロリス・カピロッシは、アレックス・バロス、マルコ・メランドリとの3位表彰台争いに競り勝ち、ドゥカティは昨年の最終戦以来2台が揃って並んだ。

ジョン・ホプキンスは、ニッキー・ヘイデンを僅少差で抑え、ランディ・ド・プニエとアレックス・ホフマンが続き、ブリヂストン勢がトップ6を独占しただけでなく、トップ10以内に8台が進出した。

ポールポジションのバレンティーノ・ロッシは、オープニングラップでコースアウトを喫して、5番手に後退。9ラップ目に2番手まで挽回したが、終盤にポジションを落として、10位でフィニッシュした。

最高峰クラス通算100戦目の中野真矢は13位。ダンロップタイヤを装着する玉田誠は14位だった。

オープニングラップで発生した多重クラッシュにより、オリビエ・ジャック、ダニ・ペドロサ、コーリン・エドワーズはリタイヤ。クリス・バーミューレンはレースに復帰し、11位でゴールした。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY, RAC

Other updates you may be interested in ›