初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

O.ジャック:「言い訳はなし。僕のミス」

O.ジャック:「言い訳はなし。僕のミス」

オリビエ・ジャックは、第3戦トルコGPの多重クラッシュについて、ミスを犯したことを認めた。

オリビエ・ジャックは、第3戦トルコGPの多重クラッシュについて、ミスを犯したことを認めた。

12番グリッドからスタートしたフランス人ライダーは、オープニングラップの12コーナーで、アレックス・バロスとクリス・バーミューレンを抜こうとした際に、コーリン・エドワーズと接触。多重クラッシュを招いた。

「起きてしまったことが悲しい。言い訳はなし。僕のミス」と、アクシデントを振り返った。「いいスタートが切れ、いい感じだった。大きなグループ内にいて、高速コーナー後のシケインに入る前に、ポジションをアップするチャンスがあった。混戦の中にいて、ブレーキポイントがなかったから、(ブレーキが)遅れてしまい、もうその時にはスペースがなかった。」

「エドワーズのリアにぶつかることを回避できなかった。バイクから振り落とされ、尾底骨から落ちた。激痛だったから折れたかと思ったけど、幸いにも骨折はなかった。」

「チームのみんなにも対しても申し訳ない。週末は懸命に働き、バイクは良く走っていた。次戦の中国GPではチームのために好リザルトを獲るために、もっと頑張るつもりだ。」

ジャックは尾底骨だけでなく、頭痛も訴え、予定されていた事後テストをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›