初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、不運を強調

ミシュラン、不運を強調

ミシュランは、第3戦トルコGPでトップ10に2台が進出。不運に見舞われたことを説明した。

ミシュランは、第3戦トルコGPでトップ10に2台が進出。不運に見舞われたことを説明した。

公式予選では1列目を独占。同グランプリ3連勝に向けて期待が高まったが、オープニングラップで2番グリッドのコーリン・エドワーズと3番グリップのダニ・ペドロサが多重クラッシュに巻き込まれてリタイヤ。ポールポジションのバレンティーノ・ロッシは、2番手走行中の中盤にリアタイヤに問題が発生し、10番手に後退。ニッキー・ヘイデンが、ミシュラン勢トップの7番手に入った。

モーターサイクルレース部門のディレクター、ジョン‐フィリップ・ウェバーは、「今回の結果は我々にとって不運もありました。優勝を争うライダーが4人いましたが、1ラップ目にコーリンとダニを失い、バレンティーノとニッキーが残りました。バレンティーノはリアタイヤに振動の問題があり、ニッキーだけがレースを通じて安定したタイムを刻みました」と説明した。

「この4人はいいタイヤ選択をしたと思い、少なくても2人が表彰台を獲得することを期待していました。ダニは週末を通じて速く、コーリンとバレンティーノも好調でした。」

「ドゥカティ3台が上位に進出。ここではトップスピードが重要であることは分かっていましたが、上海はそれ以上です。難しいレースになるでしょう。とにかく、我々は進歩のために仕事を継続しなければいけません。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›