初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストーナー&ホプキンス、好スタート

ストーナー&ホプキンス、好スタート

第4戦中国GPのフリー走行1は4日、上海国際サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーとジョン・ホプキスが好スタートを切った。

第4戦中国GPのフリー走行1は4日、上海国際サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーとジョン・ホプキスが好スタートを切った。

気温23度。路面温度25度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのストーナーは、トップスピード2番目の時速326.1キロをマーク。ポテンシャルを活かして一番時計を刻めば、ホプキンスが0.065秒差の2番手につけ、前戦トルコGPで圧倒的な強さを見せたブリヂスト勢がセッションをリードした。

ミシュラン勢のトップはバレンティーノ・ロッシ。トップから0.512秒差の3番手に入り、ニッキー・ヘイデン、クリス・バーミューレン、ロリス・カピロッシ、コーリン・エドワーズ、ダニ・ペドロサ、ランディ・ド・プニエ、マルコ・メランドリが続いた。

日本勢の玉田誠はトップから2.931秒差の18番手。中野真矢は3.216秒差の19番手だった。

初セッションでは、ド・プニエ、ヘイデン、ペドロサ、メランドリ、アレックス・ホフマンがコースアウトを喫したが、転倒はなかった。

Tags:
MotoGP, 2007, SINOPEC GREAT WALL LUBRICANTS GRAND PRIX OF CHINA, FP1

Other updates you may be interested in ›