初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、2戦連続3度目のトップグリッド

V.ロッシ、2戦連続3度目のトップグリッド

第4戦中国GPの公式予選は5日、上海国際サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。前戦トルコGPに続き2戦連続3度目のポールポジションを奪取した。

第4戦中国GPの公式予選は5日、上海国際サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。前戦トルコGPに続き2戦連続3度目のポールポジションを奪取した。

気温24度。路面温度29度のドライコンディションの中、28歳のイタリア人ライダーは、2年前の勝者は昨年ダニ・ペドロサが樹立したサーキット最速ラップ1分59秒009を0.585秒更新する1分58秒424を叩き出し、2番手に0.891秒差のアドバンテージを得て、3度目の同グランプリで初のトップグリッドを獲得した。

3度のフリー走行で総合トップタイムをマークしたジョン・ホプキンスは今シーズン最高位の2番手。コーリン・エドワーズはシーズン3度目の1列目を確保した。

ポイントリーダーのケーシー・ストーナーは、トップから1.092秒差の4番手。昨年の勝者ペドロサ、マルコ・メランドリ、ランディ・ド・プニエ、トップスピード時速332.5キロをマークしたアレックス・バロス、王者ニッキー・ヘイデンが続いた。

午前のフリー走行3で15番手まで浮上した中野真矢は、トップから1.733秒差の10番手までポジションを挽回。玉田誠は、転倒が影響してタイムアタックができず18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, SINOPEC GREAT WALL LUBRICANTS GRAND PRIX OF CHINA, QP

Other updates you may be interested in ›