初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.ストーナーがトップ浮上

WUP:C.ストーナーがトップ浮上

第4戦中国GPのウォームアップ走行は6日、上海国際サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

第4戦中国GPのウォームアップ走行は6日、上海国際サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温20度。路面温度27度のドライコンディションに風が吹き抜ける中、4番グリッドのストーナーが2分00秒742をマークすれば、ジョン・ホプキンスが0.077秒差の2番手。ランディ・ド・プニエが続き、ブリヂストン勢がトップ3を占めれば、昨年1・2位のダニ・ペドロサとニッキー・ヘイデンが続いた。

ポールポジションのバレンティーノ・ロッシは9番手。玉田誠は16番手。中野真矢は17番手だった。

250ccクラスは、前戦勝者のアンドレア・ドビツィオーソがトップに浮上。ポールポジションのホルヘ・ロレンソ、アレックス・デ・アンジェリス、フリアン・シモン、アルバロ・バウティスタがトップ5入り。青山周平と博一が10番手と12番手。関口太郎は17番手だった。

125ccクラスは、ポイントリーダーのタルマクシがトップ。マイケル・ランセデール、シモーネ・コルシ、ルーカス・ペセックが続き、ポールポジションのマティア・パシーニが5番手。8番グリッドの小山友良はトップから0.570秒差の7番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, SINOPEC GREAT WALL LUBRICANTS GRAND PRIX OF CHINA, WUP

Other updates you may be interested in ›