初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バロス:「上位に進出できただろう」

A.バロス:「上位に進出できただろう」

アレックス・バロスは、第4戦中国GPの決勝レースでアクシデントに見舞われたが、最終的に14位でフィニッシュした。

アレックス・バロスは、第4戦中国GPの決勝レースでアクシデントに見舞われたが、最終的に14位でフィニッシュした。

前戦トルコGPでは表彰台争いを演じた36歳のブラジル人ライダーは、史上3人目となる通算2000ポイント到達に向け、3列目8番グリッドからスタートしたが、その直後に、前方を走るトニ・エリアスが転倒。行き場を失い、コースアウトを喫した。

レースに復帰し、最後尾でオープニングラップを終わった時点では、前のライダーに38秒差以上のギャップがあったが、レースにおける最速ラップで5番目のラップタイムをマークするなど、前方を走るライバルたちを追い上げて貴重な2ポイントを獲得。通算1991ポイントとした。

「レースについて沢山言うことはない。いいスタートを切ったが、その直後に僕の前でエリアスがクラッシュし、僕はコースアウトを強いられた。バイクはスイッチが切れてしまい、そこで大きくタイムロスし、グループに復帰するのは不可能だった。」

「少しでもポイントを稼ぐために、レースを終えようとトライした。今週末が気に入らない。チームは完璧な仕事をし、バイクはすごく走り、フィーリングは良かった。もし、違う展開になっていたら、レースペースがすごく良かったから、上位に進出できただろう。」

Tags:
MotoGP, 2007, SINOPEC GREAT WALL LUBRICANTS GRAND PRIX OF CHINA

Other updates you may be interested in ›