初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、4戦連続の最高速記録

ドゥカティ、4戦連続の最高速記録

ドゥカティは、800ccマシンが導入されてから、4戦連続して最高速を記録した。

ドゥカティは、800ccマシンが導入されてから、4戦連続して最高速を記録した。

開幕戦カタールGPの決勝レースでは、アレックス・バロスがトップスピードをマーク。第2戦スペインGPから3戦連続してケーシー・ストーナーが記録を残している。

また、優勝したストーナーは、15ラップ目に最速ラップをマークすれば、バレンティーノ・ロッシは最速ラップで0.027秒差。トップスピード不足をブレーキとコーナリングで挽回した。

第4戦中国GP決勝レース中のトップスピードランキング
1.C.ストーナー(ドゥカティ):時速333.5キロ
2.A.ホフマン(ドゥカティ):時速333.4キロ
3.D.ペドロサ(ホンダ):時速332.6キロ
4.L.カピロッシ(ドゥカティ):時速331.6キロ
5.R.ドプニエ(カワサキ):時速331.0キロ
8.V.ロッシ(ヤマハ):時速325.7キロ
10.J.ホプキンス(スズキ):時速324.8キロ

2006年第4戦中国GP決勝レース
玉田誠(ホンダ):時速339.2キロ

第4戦中国GP決勝レース中の最速ラップランキング
1.C.ストーナー(ドゥカティ):1分59秒857
2.V.ロッシ(ヤマハ):1分59秒884(+0.027秒)
3.J.ホプキンス(スズキ):2分00秒065(+0.208秒)
4.A.バロス(ドゥカティ):2分00秒383(+0.526秒)
5.D.ペドロサ(ホンダ):2分00秒523(+0.666秒)
7.R.ドプニエ(カワサキ):2分00秒781(+0.924秒)

2006年第4戦中国GP決勝レース
D.ペドロサ(ホンダ):1分59秒318

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›