Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、セッション初のトップタイム

M.カリオ、セッション初のトップタイム

第5戦フランスGPの公式予選1は18日、ルマンで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

第5戦フランスGPの公式予選1は18日、ルマンで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温24度、路面温度25度のドライコンディションの中、フィンランド人ライダーは、最後のアタックでサーキット最速ラップを0.751秒更新する1分38秒982を叩き出し、125ccクラスからステップアップしてきて、初めてセッションを制すれば、開始早々にハイサイドの転倒を喫したホルヘ・ロレンソが0.088秒差、フリー走行1でトップだったエクトル・バルベラが0.095秒差、トーマス・ルティが0.115秒差の僅少差で追った。

昨年2位のアンドレア・ドビツィオーソは5番手。フリアン・シモン、アレックス・デ・アンジェリス、アルバロ・バウティスタが暫定2列目に並ぶ。

日本勢トップは9番手の青山博一。昨年初の表彰台を獲得した青山周平は12番手。関口太郎は19番手だった。

Tags:
250cc, 2007, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, QP1

Other updates you may be interested in ›