初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.エドワーズ(公式予選1位): 「全てが上手く行った。午前中は好ラップで走れた。最初のアタックは、1コーナーであまり上手く入れず、上手くまとめることができなかったから、2度目のアタックでは『全てか、なしかだ』と自分に言い聞かせ、全力で走り、(ポール)を獲得した。」

C.エドワーズ(公式予選1位):
「全てが上手く行った。午前中は好ラップで走れた。最初のアタックは、1コーナーであまり上手く入れず、上手くまとめることができなかったから、2度目のアタックでは『全てか、なしかだ』と自分に言い聞かせ、全力で走り、(ポール)を獲得した。」

C.ストーナー(公式予選2位):
「今シーズンは2列目以降に並んだことはなかった。僕は予選タイヤをあまり上手く使いこなせないから、これは大きな驚きだ。今日はポールを獲得できそうだったけど、最終的にはコーリンに持って行かれてしまった。とにかく、バイクもタイヤも今週末はすごく良い。」

C.チェカ(公式予選3位):
「僕たち全員は今週末に満足している。特にこの公式予選。ここ2戦は適した感触を見つけることができなかったから。僕たちは上位に位置する。これが重要だ。」

中野真矢(公式予選14位):
「1度目の走行はいい感じで走ることができますが、2回目、3回目と重ねる度に幾つかの問題が出てきてしまい、タイムが伸びません。今までは予選タイヤを履けば、問題がなくなったのですが、今回はそうでなかったので、あまり上に行けませんでした。この結果は屈辱ですが、諦めていません。ベストを尽くします。」

玉田誠(公式予選16位):
「午前中に上手くまとめ、いい感じで予選に臨めると思ったのですが、走り出しで違うセッティングとタイヤを試したら、違う方向に行ってしまい、リズムを崩してしまいました。明日はスタートに集中して上位を目指します。」

Tags:
MotoGP, 2007, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, QP

Other updates you may be interested in ›