初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV:S.ブラドルが独走V

CEV:S.ブラドルが独走V

CEVスペイン選手権の2戦目は27日、バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで行われた。

CEVスペイン選手権の2戦目は27日、バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで行われた。

約1.6万人が駆けつけた中、世界への登竜門として位置づけられ、テレビ生中継として全国放送された125ccクラスは、シーズン前に引退を撤回した17歳のステファン・ブラドルが2位のエフェン・バスケスの10秒以上のアドバンテージをつける独走で、初優勝を飾った。

ルイス・サロンは7人による3位争いを制し、中上貴晶は6位。もう一人の日本人ライダー、大谷和也はポイント圏内の15位でフィニッシュ。ポールポジションのマルク・マルケスはリタイアした。

フォミュラーエクストリームは、3番グリッドのカルメロ・モラーレスが独走。シーズン初優勝を決めれば、土曜の公式予選2で転倒を喫して左肘を強打したダビッド・デ・ヘアは2位でフィニッシュ。メカニカル・トラブルで朝のウォームアップをキャンセルしたジョセプ・サルダが3位表彰台を獲得した。

スーパースポーツは、125ccクラスから転向して2戦目のアンヘル・ロドリゲスが、ポールポジションから開幕戦勝者のルッセル・ゴメスに11秒以上の大差をつけて、初優勝を飾った。3位には再び英国人のグレエム・ゴーランドが入った。

2戦目となるカワサキ・ニンジャ・カップは、マリオ・アントニオ・カラソがポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

次戦は、6月17日にヘレス・サーキットで開催される。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›