初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、初の1番グリッド

A.バウティスタ、初の1番グリッド

第6戦イタリアGPの公式予選2は2日、ムジェロで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。250ccクラス6戦目で初のポールポジションを奪取した。

第6戦イタリアGPの公式予選2は2日、ムジェロで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。250ccクラス6戦目で初のポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度24度。ウェットからドライコンディションに回復し始めた中でセッションがスタート。しかし、途中から再び雨が降り始めたため、スターティンググリッドはセッション序盤の順位で決定し、現125ccクラス王者のバウティスタがトップグリッドを獲得。昨年サッカーW杯で優勝したイタリア代表を称賛し、地中海ブルーのカラーリングで登場したアンドレア・ドビツィオーソが2番手だった。

膝を痛めている青山周平は、シーズン最高位となる3番手。通算4度目の1列目を確保すれば、トーマス・ルティ、アレックス・デ・アンジェリス、エクトル・バルベラ、青山博一、ミカ・カリオ、アンソニー・ウエスト、フリアン・シモンがトップ10入り。初日はリスクを避け、セッションをキャンセルしたロベルト・ロカテリは15番手だった。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソを筆頭に、転倒を喫して僅か3ラップの走行に終わった関口太郎、終盤にコースインして5ラップを走った高橋裕紀らは、予選突破タイムをクリアーできなかったが、レースディレクションは決勝レースへの出場を許可した。

Tags:
250cc, 2007, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, QP2

Other updates you may be interested in ›