初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.ファウベル、逆転の2勝目

H.ファウベル、逆転の2勝目

第6戦イタリアGPの決勝レースは3日、ムジェロで行われ、エクトル・ファウベルが逆転でシーズン2勝目を飾った。

第6戦イタリアGPの決勝レースは3日、ムジェロで行われ、エクトル・ファウベルが逆転でシーズン2勝目を飾った。

気温19度。路面温度18度のドライコンディションの中、3人の地元勢を含む9人のヤングライダーたちが最終ラップまで優勝争い、表彰台争いを展開。初のトップグリッドからスタートしたファウベルが、20番グリッドからポジションを挽回した前戦勝者のセルジオ・ガデアをゴールライン直前に抜き、0.020秒差で、キャリア初のポール・トゥ・ウインを決め、ポイントリーダーの座を奪回した。

シモーネ・コルシは0.066秒差の3位表彰台を獲得。ガボール・タルマクシが4位に入った。

5番グリッドの小山知良は、ホールショットを決め、トップグループに位置。最後は5位でチェッカーを受ければ、マティア・パシーニ、サンドロ・コルテーセ、ブラドリー・スミス、ポル・エスパルガロ、ロレンソ・サネティがトップ入りした。

トップグループ内にいたラファエル・デ・ロサとルーカス・ペセックは最終ラップに接触転倒。デ・ロサはレースに復帰して14位でゴールしたが、ペセックはリタイヤ。2番グリッドのマイク・ディ・メッリオも4ラップ目に転倒リタイヤした。

チャンピオンシップは、ファウベルが1位に返り咲き、タルマクシに7ポイント差のアドバンテージをつければ、トップだったペセックは11ポイント差の3位に後退した。

Tags:
125cc, 2007, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, RAC

Other updates you may be interested in ›