初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、シーズン2度目の1・2位フィニッシュ

ミシュラン、シーズン2度目の1・2位フィニッシュ

ミシュランは、第6戦イタリアGPでバレンティーノ・ロッシのムジェロ6連勝をサポート。同時に第2戦スペインGP以来となる1・2位を飾った。

ミシュランは、第6戦イタリアGPでバレンティーノ・ロッシのムジェロ6連勝をサポート。同時に第2戦スペインGP以来となる1・2位を飾った。

ハードウェットコンディションとなった前戦フランスGPで、ライバルメーカーに表彰台を独占されたフレンチファクトリーは、ムジェロ16連勝を達成(1991年ダンロップを搭載したW.レイニーが優勝)。優勝したロッシは、ミシュランタイヤのパフォーマンスを絶賛した。

モーターサイクルレース部門のディレクター、ジャン‐フィリップ・ウェバーは、「我々にとって素晴らしい結果でした。ドゥカティのトップスピードを少し心配していましたが、バレンティーノもダニもコーナーで効果的なパフォーマンスを見せ、ストレートのギャップを克服しました」と説明した。

「バレンティーノの優勝で、リアタイヤの開発方向が正しいことを確認しました。彼が使用したのは、前戦の事後テストで試した新型リアタイヤです。ダニは彼好みのソフトタイヤですが、彼のフィードバックを聞き、次回に向けて改善が必要か確認します。我々のライダーたちは、それぞれのライディングスタイルとセッティングに適した改善策が必要です。」

「16インチのフロントタイヤは機能しました。コーナーの進入が改善されたことで、全ライダーたちは全面的な信頼を寄せています。特に今回は下り坂のコーナーが多かったので、タイヤパフォーマンスは重要でした。」

「雨が多く、スリックタイヤを十分にテストできませんでしたが、レースで素晴らしい結果を挙げることができました。」

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE

Other updates you may be interested in ›