Tickets purchase
VideoPass purchase

L.ペセック:「僕のミスだ」

L.ペセック:「僕のミスだ」

ルーカス・ペセックは、第6戦イタリアGPで転倒リタイヤを喫し、ポイントランク3位に後退した。

ルーカス・ペセックは、第6戦イタリアGPで転倒リタイヤを喫し、ポイントランク3位に後退した。

チームオーナーのクリスチャン・セードルフが見守る中、ポイントリーダーとして、2列目8番グリッドからスタートした21歳のチェコ人ライダーは、トップグループ内をキープしていたが、最終ラップの最終コーナーでラファエレ・デ・ロサと接触。シーズン初の0ポイントに終わった。

「僕のミスだ。イアンノーネと接触して、トップグループから少し離されてしまった。プッシュして、4秒差を持ち返した。自分の可能性を信じ、ポジションを巻き返した。

「しかし、最終コーナーでタイヤがコースから外れ、クラッシュしてしまった。ポイントリーダーの座を失ってしまったけど、まだまだ沢山のレースが控えている。」

Tags:
125cc, 2007, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, Lukas Pesek

Other updates you may be interested in ›