初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

小山知良、初優勝!

小山知良、初優勝!

第7戦カタルーニャGPの決勝レースは10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、小山知良が初優勝を飾った。

第7戦カタルーニャGPの決勝レースは10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、小山知良が初優勝を飾った。

気温25度。路面温度36度のドライコンディションの中、公式予選で上位を独占した地元バンカハ・アスパルの2台とKTMの2台が優勝争いを展開。7番グリッドからスタートした小山は、ポールポジションのガボール・タルマクシを僅少0.049秒差で抑え、通算41戦目で初勝利を決め、KTMにシーズン初優勝をもたらせた。

小山のチームメイト、ランディ・クルメンナッハは15ばんグリッドから初の表彰台獲得となる3位でフィニッシュ。セルジオ・ガデアが4位に入り、ポル・エスパルガロ、ブラドリー・スミス、シモーネ・コルシ、ジョアン・オリベ、ステファン・ブラドル、マイケル・ランセンデールがトップ10入りした。

ルーカス・ペセックとエクトル・ファウベルは、トップグループ走行中の残り4ラップで接触転倒。ペセックはレースに復帰して12位。ファウベルはリタイヤした。朝のウォームアップで一番時計を刻んだマティア・パシーニは転倒リタイヤした。

チャンピオンシップは、タルマクシがランク1位を奪回。ファウベルに13ポイント差、ペセックに21ポイント差のアドバンテージをつければ、小山は6位に浮上した。

Tags:
125cc, 2007, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, RAC

Other updates you may be interested in ›