初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナーがスペクタクロなバトルを制す

C.ストーナーがスペクタクロなバトルを制す

第7戦カタルーニャGPの決勝レースは10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがスペクタクロなバトルを僅少差で制し、シーズン4勝目を飾った。

第7戦カタルーニャGPの決勝レースは10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがスペクタクロなバトルを僅少差で制し、シーズン4勝目を飾った。

気温31度。路面温度43度のドライコンディションの中、4番グリッドからスタートした21歳のオージーライダーは、オープニングラップでトップに飛び出すと、ポールポジションのバレンティーノ・ロッシ、地元期待のダニ・ペドロサとのバトルを展開。最後は0.069秒差でロッシの連勝を阻止しただけでなく、ブリヂストンに同サーキット初勝利をもたらし、11.2万人を超えた観衆を熱狂させた。

ペドロサは、シーズン4度目の表彰台となる3位フィニッシュ。ジョン・ホプキンス、ランディ・ド・プニエが続き、トップ5に5メーカーが並んだ。

昨年はスタート直後のアクシデントに見舞われたロリス・カピロッシは、17番グリッドから巻き返して7位ゴール。クリス・バーミューレン、アレックス・バロス、マルコ・メランドリ、コーリン・エドワーズがトップ10入り。2006年王者のニッキー・ヘイデンは11位だった。

日本勢は、16磐グリッドの玉田誠がダンロップに収穫の大きい12位でフィニッシュ。中野真矢は15位だった。

チャンピオンシップは、ストーナーが25ポイントを加算。7戦を終わって、140ポイントに到達し、ロッシに14ポイント差、ペドロサに42ポイント差のアドバンテージを広げた。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, RAC

Other updates you may be interested in ›