初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250ccが500ccを越えた

250ccが500ccを越えた

第7戦カタルーニャGPの250ccクラスで、500ccクラスの記録が更新され、マシンの進化が証明された。

第7戦カタルーニャGPの250ccクラスで、500ccクラスの記録が更新され、マシンの進化が証明された。

500ccクラス最後のシーズンとなった2001年にホンダを駆けたバレンティーノ・ロッシは、公式予選と決勝レースで、サーキットベストラップとサーキットレコードラップの記録を樹立したが、アプリリア250ccを走らせたホルヘ・ロレンソとアレックス・デ・アンジェリスが、驚異的な速さを見せ、それぞれ0.409秒、0.694秒上回るラップタイムを刻んだ。

デ・アンジェリスは、ダニ・ペドロサの持つサーキットレコードラップを1.278秒更新した。

250ccクラス
2007年レース最速ラップ:A.デアンジェリス‐1分45秒925
2007年予選最速ラップ:J.ロレンソ‐1分45秒098

2004年レース最速ラップ:D.ペドロサ‐1分47秒203
2005年予選最速ラップ:J.ロレンソ‐1分46秒220

500ccクラス
2001年レース最速ラップ:V.ロッシ‐1分46秒619
2001年予選最速ラップ:V.ロッシ‐1分45秒507

Tags:
250cc, 2007, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›