初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、巻き返しへ

レプソル・ホンダ、巻き返しへ

第8戦イギリスGPのフリー走行2は22日、ドニントンパークで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

第8戦イギリスGPのフリー走行2は22日、ドニントンパークで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度17度のレインコンディションの中、セッション終了間際に多くのライダーたちがタイムアップ。昨年の勝者ペドロサが唯一1分43秒台を刻めば、ニッキー・ヘイデンが続き、レプソル・ホンダの両雄がシーズン初めて上位を独占。昨年第11戦アメリカGP以来、14戦ぶりの表彰台2席獲得に向けて、好発進した。

雨のルマンを制したクリス・バーミューレンは3番手。2年前に雨の公式テストでトップタイムをマークしたコーリン・エドワーズ、2年前に雨の同グランプリでKTM250ccデビューを2位で飾ったカワサキから初登場のアンソニー・ウエストが続いた。

2000年に同サーキットで初めてロードレースマシンをテストしたポイントリーダーのケーシー・ストーナーは6番手。しかし、フリー走行1との総合タイムでトップとなった。

ジョン・ホプキンス、ランディ・ド・プニエ、マルコ・メランドリが続き、セッションを早めに切り上げたバレンティーノ・ロッシは10番手だった。

日本勢では、中野真矢が最多の26ラップを走って14番手。総合では15番手。玉田誠は18番手。総合で19番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›