初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.ストーナー:(初日総合1位) 「みんな一番軟らかいレインタイヤを使用したと思う。午後は同じタイヤを使い続けた。全く不合理だ。他のイギリスのコースは雨でこれほどデリケードになることはないだろうし、このコンディションでワールドチャンピオンシップのレースを走るとは思わない。最適ではない。舗装して、路面コンディションは悪化した。すごく危険だ。」

C.ストーナー:(初日総合1位)
「みんな一番軟らかいレインタイヤを使用したと思う。午後は同じタイヤを使い続けた。全く不合理だ。他のイギリスのコースは雨でこれほどデリケードになることはないだろうし、このコンディションでワールドチャンピオンシップのレースを走るとは思わない。最適ではない。舗装して、路面コンディションは悪化した。すごく危険だ。」

N.ヘイデン:(初日総合2位)
「難しいコンディションだった。コースは濡れていて、冷えていたけど、昨年のバレンシア以来、楽しかった。全体的にバイクのパフォーマンスはいい。」

D.ペドロサ:(初日総合3位)
「ウェットで良くなった。この条件でたくさん仕事に取り組んできたことが活きたようだ。雨のセッションで初めてトップで終われたことが重要。適したタイヤと必要なセッティングの仕事ができたから、この条件で走れたことは良かった。」

R.ドプニエ:(初日総合4位)
「コンディションは悪かったけど、バイクにハッピーだ。いいフィーリングがある。ここで最も重要なタイヤとマッピングの仕事に取り組んだ。膝はまだ腫れている。」

A.ウエスト:(初日総合7位)
「本当に幸せだ。ここにいることに興奮しているし、今日はグッドな1日だった。雨に悩まされたけど、このチームで働くことが好きだ。彼らは僕が望むことを理解しようとしてくれる。」

V.ロッシ:(初日総合10位)
「確かに今日の天候はベストではなかった。このコースはこのようなコンディションだとすごく難しい。水溜りがすごく、グリップがなかった。午前中にイージーな転倒をしたけど、大丈夫だ。コーリンはすごく速かったから、明日に向けて助けてくれるだろう。彼と話し、明日幾つかのことをトライするつもりだ。」

中野真矢:(初日総合15位)
「雨の場合、自信を持って走れるか、走れないか、なので、今日は走り込み、タイヤのテストをしました。順位は良くなかったですが、少しずつは良くなっている感触がありました。」

Tags:
MotoGP, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, FP2, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›