初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、シーズン初のトップグリッド

A.デアンジェリス、シーズン初のトップグリッド

第8戦イギリスGPの公式予選2は23日、ドニントンパークで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマーク。今シーズン初のポールポジションを奪取した。

第8戦イギリスGPの公式予選2は23日、ドニントンパークで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマーク。今シーズン初のポールポジションを奪取した。

気温19度。路面温度27度のドライコンディションの中、ウェットで暫定ポールポジションを確保した23歳のサンマリノ人ライダーは、2004年に中量級で初めてポールを獲得した舞台で、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソに0.410秒差のアドバンテージをつけ、2年前の第16戦トルコGP以来となる通算4度目のトップグリッドを獲得した。

2005年にキャリア初優勝を挙げたフリアン・シモンと昨年125ccクラスでポール・トゥ・ウインを飾ったアルバロ・バウティスタが1列目に並び、ミカ・カリオ、アンドリア・ドビツィオーソ、エクトル・バルベラ、トーマス・ルティが続いた。

日本勢トップは、10番手の青山博一。高橋裕紀と青山周平は11番手と12番手。関口太郎は22番手だった。

Tags:
250cc, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, QP2

Other updates you may be interested in ›