初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、シーズン3度目のポールポジション奪取

C.エドワーズ、シーズン3度目のポールポジション奪取

第8戦イギリスGPの公式予選は23日、ドニントンパークで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマーク。第5戦フランスGP以来シーズン2度目のポールポジションを奪取した。

第8戦イギリスGPの公式予選は23日、ドニントンパークで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマーク。第5戦フランスGP以来シーズン2度目のポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度29度のドライコンディションの中、フリー走行総合で7番手だった33歳のアメリカ人ライダーは、1分28秒531の一番時計を刻めば、バレンティーノ・ロッシが2番手。フィアット・ヤマハの両雄が第3戦トルコGP以来となる2度目の上位独占を果たせば、昨年ポール・トゥ・ウインのダニ・ペドロサと3度のフリー走行でトップタイムを記録したニッキー・ヘイデンのレプソル・ホンダ勢が続き、ミシュラン勢が上位に進出した。

ドライコンディションで初の表彰台を目指すブリヂストン勢のトップは、ポイントリーダーのケーシー・ストーナー。ジョン・ホプキンス、カルロス・チェカ、ランディ・ド・プニエ、マルコ・メランドリ、トニ・エリアスがトップ10入りした。

中野真矢は、トップから1.187秒差の11番手。玉田誠は18番手。カワサキからデビューするアンソニー・ウエストは17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›