初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.エドワーズ:(公式予選1位) 「昨日は信じられなかったけど、今日は全てが上手く行った。雨が降るか、様子を見ながらセッションが始まった。典型的な予選セッションで、レース用のいいタイヤを持ってきたミシュランに感謝する。いい感じだったし、気分良く走れた。」

C.エドワーズ:(公式予選1位)
「昨日は信じられなかったけど、今日は全てが上手く行った。雨が降るか、様子を見ながらセッションが始まった。典型的な予選セッションで、レース用のいいタイヤを持ってきたミシュランに感謝する。いい感じだったし、気分良く走れた。」

V.ロッシ:(公式予選2位)
「午前の酷いセッションの後で、2番グリッドはOK。特にこのコンディションで、もしタイヤが冷えていると、非常に危険だ。だけど、午後のセッションにハッピー。セッティングは正しい。」

D.ペドロサ:(公式予選3位)
「今日はとても良かったと考える。午前、午後と僕たちはいい仕事をした。予選タイヤで小さな問題があったけど、1列目に位置できて嬉しい。」

N.ヘイデン:(公式予選4位)
「セッションはすごく良かった。4位は本当に久しぶりにいい順位だ。午前にトップだったのも気分がすごく良かったけど、もう少し速く走りたかった。」

C.ストーナー:(公式予選5位)
「決定的にレースタイヤで準備ができた。ウォームアップがドライならば、まだ良くしなければいけないところがある。予選タイヤは反対に欲求不満。電気系統が気まぐれを起こしてしまった。アクセルを開けることができなかったから、同じタイヤでもう1ラップ行った。悪くなかった。原因が分かり、最終コーナーに突入する時に速過ぎて、エンジンブレーキが利かなかった。午前中にリアの16インチを試したが、今まで通りのタイヤを使用することに決めた。」

R.ドプニエ:(公式予選8位)
「レースコンディションでいいタイムで走れた。レースタイヤでハッピーだし、セッティングもいい。バルセロナのようないいレースがしたい。トップ8が目標だ。」

中野真矢:(公式予選11位)
「午後にフロントのサスペンションなどを調整し、まだトップとは離れていますが、久しぶりに走れてきた感じです。明日は雨か晴れか、どちらかハッキリしたコンディションで走りたいです。」

L.カピロッシ:(公式予選13位)
「ケーシーが予選タイヤで2ラップしたのを見て、僕も試みることにした。1ラップ目にコントロールを失い、タイムロスしてしまい、2ラップ目に入る前にチャッカーが振られ、もう1ラップする機会を失った。16インチのリアタイヤをテスト。いいグリップがあるようだ。同じタイヤで27ラップ走り、天気が許されれば、レースで使用するつもりだ。」

A.ウエスト:(公式予選17位)
「ドライで2時間走れ、沢山のことを学んだ。予選タイヤを一度も使ったことがなかったから、予想がつかなかった。どのくらいプッシュしていいのか分からなかった。明日は完走したい。できれば、今のポジションから少し上を狙いたい。」

玉田誠:(公式予選18位)
「いつ雨が降るか分からない状態だったので、早めに予選タイヤを履いて、タイムアタックに行きましたが、気温が低いので機能せず、レースタイヤでタイムアタックしなければいけませんでした。残念なリザルトになりましたが、レースタイヤでいいタイムで走れているので、いいレースができると思います。」

Tags:
MotoGP, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›