初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、シーズン5度目のP.P.奪取

M.パシーニ、シーズン5度目のP.P.奪取

第8戦イギリスGPの公式予選2は23日、ドニントンパークで行われ、マティア・パシーニがトップタイムをマーク。シーズン5度目のポールポジションを奪取した。

第8戦イギリスGPの公式予選2は23日、ドニントンパークで行われ、マティア・パシーニがトップタイムをマーク。シーズン5度目のポールポジションを奪取した。

気温16度。路面温度14度のドライコンディションの中、初日は転倒の影響で予選突破タイムをクリアーできなかった21歳のイタリア人ライダーが、終盤にトップタイムを連発。3戦ぶりにトップグリッドを獲得すれば、シモーネ・コルシは自己最高位タイとなる2番グリッドに進出した。

前戦カタルーニャGPで初優勝を決めた暫定6位の小山知良は3番手。第5戦フランスGP以来となるシーズン2度目の1列目を確保すれば、暫定ポールポジションのガボール・タルマクシ、セルジオ・ガデア、エクトル・ファウベル、パブロ・ニエト、アレックス・マスボー、ブラドリー・スミス、ジョアン・オリベがトップ10入りした。

前戦初の表彰台を獲得したランディー・クルメンナッハは11番手。ポイントランク3位のルーカス・ペセックは、終盤にマシントラブルに見舞われ、21番手だった。

Tags:
125cc, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, QP2

Other updates you may be interested in ›