初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、シーズン初優勝

M.パシーニ、シーズン初優勝

第8戦イギリスGPの決勝レースは24日、ドニントンパークで行われ、マティア・パシーニが独走でシーズン初優勝を飾った。

第8戦イギリスGPの決勝レースは24日、ドニントンパークで行われ、マティア・パシーニが独走でシーズン初優勝を飾った。

気温15度。路面温度20度のハーフウェットのコンディションの中、シーズン5度目のポールポジションからスタートした21歳のイタリア人ライダーは、10ラップ目ベストラップをマークして13人の集団から抜け出すと、レースをコントロール。昨年第10戦ドイツGP以来となる14戦ぶりの勝利で、開幕から続いた不運を断ち切った。

前戦勝者の小山知良は3番グリッドからホールショットを決め、トップグループ内で戦況を窺うと、エクトル・ファウベルとの2位争いに競り勝ち、2戦連続3度目の表彰台を獲得。ファウベルは3位でポイントリーダーを奪回した。

セルジオ・ガデアは3人の4位争いに競り勝ち、ジョアン・オリベ、マイク・ディ・メッリオ、ブラドリー・スミス、ラファエレ・デ・ロサ、パブロ・ニエト、シモーネ・コルシがトップ10入り。ルーカス・ペセックは18位だった。

チャンピオンシップは、マシントラブルに見舞われてリタイヤを強いられたガボール・タルマクシが、ファウベルから3ポイント差の2位に後退した。

Tags:
125cc, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›