初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、シーズン初勝利にあと一歩

A.デアンジェリス、シーズン初勝利にあと一歩

アレックス・デ・アンジェリスは、第8戦イギリスGPで転倒を喫したが、2位でフィニッシュ。昨年の最終戦バレンシアGP以来の優勝を次戦以降に持ち越しとなった。

アレックス・デ・アンジェリスは、第8戦イギリスGPで転倒を喫したが、2位でフィニッシュ。昨年の最終戦バレンシアGP以来の優勝を次戦以降に持ち越しとなった。

通算120戦目を2005年の第16戦トルコGP以来となるポールポジションからスタートした23歳のサンマリノ人ライダーは、ウェットコンディションの中でハイペースをキープ。次々に周回遅れをパスして行き、シーズン初優勝まであと2周と迫った直後に転倒。3番手に1分11秒のアドバンテージが幸いし、2位でチェッカーを受けた。

「転んでしまったけど、今日の結果に大満足。あのコーナーで少し長く突っ込んでしまい、その結果、水溜りを踏んでしまった。だけど、起き上がることができ、直ぐにコースに戻ることが出来た。」

「レース中の好リズムのおかげで、3番手に1分以上のアドバンテージがあったし、その上、7番手を周回遅れにした。決して簡単なことではないよ。少なくても、今シーズンはみんな強力だからね。」

Tags:
250cc, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›