初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ:「4度も転ぶなんて信じられない」

H.バルベラ:「4度も転ぶなんて信じられない」

エクトル・バルベラは、第8戦イギリスGPで合計7度の転倒を喫した。

エクトル・バルベラは、第8戦イギリスGPで合計7度の転倒を喫した。

2003年にキャリア初優勝を飾った舞台に、モチベーションを高めて乗り込んできた20歳のスペイン人ライダーだったが、フリー走行1で3度の転倒を喫すると、決勝レースのウォームアップラップで転倒。オープニングラップ、2ラップ目、そして3ラップ目に連続転倒し、6ラップ目にピットイン。リタイヤを決断した。

「確認しなければいけないけど、フロントタイヤに欠陥があったようだ。バイクは最悪だったし、最後尾に残ってしまった。」

「なぜ転んだか分からない。レースに戻ったけど、今度はストレートで転んでしまった。誰も転倒するところではない。そして、また転んだ。」

「信じられない。4度も転ぶなんて...」

「まるでスリックタイヤを履いているようだった。テレメトリーは通常よりもゆっくり走っていたことを示しているし、それよりも遅いペースだった。」

Tags:
250cc, 2007, NICKEL & DIME BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›