初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ:「表彰台を逃すことができない」

G.タルマクシ:「表彰台を逃すことができない」

ガボール・タルマクシは、第8戦イギリスGPを終えて、ランク2位。初タイトル獲得に向け、連続表彰台が必須であることを明かした。

ガボール・タルマクシは、第8戦イギリスGPを終えて、ランク2位。初タイトル獲得に向け、連続表彰台が必須であることを明かした。

開幕から安定して上位に進出してきた25歳のハンガリー人ライダーは、マシントラブルに見舞われ、シーズン初のリタイヤを強いられると、チームメイトのエクトル・ファウベルが表彰台を獲得し、ポイントリーダーに返り咲いた。

「以前のように速くない。シーズン開幕当初は、ファウベルのバイクよりも速かったけど、今は大きなアドバンテージがある。向こうは開発が進めば、僕のバイクは昨年型。ストレートで抜くのは不可能だ。チームを悪く言っているのではない。彼らは僕にベストマシンを提供しようと努力しているけど、簡単なことではない。シーズン序盤よりも難しい状況となっている。」

「新型アプリリアが必要ではなく、前を位置することが重要だ。僕のバイクは全てが機能すれば、高い戦闘力がある。誰がチャンピオンシップを制するか分からないけど、僕のハートは、僕だと言っている。だから、タイトル争いができる。そのための作戦は、残りのレースで表彰台を逃さないことだ。」

Tags:
125cc, 2007, A-STYLE TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›