初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ:「ナーバスだった」

G.タルマクシ:「ナーバスだった」

ガボール・タルマクシは、第9戦TTアッセンで3位。タイトル初獲得に向け、目標の表彰台を獲得した。

ガボール・タルマクシは、第9戦TTアッセンで3位。タイトル初獲得に向け、目標の表彰台を獲得した。

ポイントリーダーであり、チームメイトのエクトル・ファウベルとの2位争いに、0.031秒差で敗れた26歳のハンガリー人ライダーは、最終ラップ最後のシケインに6人集団のトップで進入。しかし、立ち上がりの際にファウベルに抜かれ、左手が伸びた。

「レース終盤、集団が大きかったから、すごくナーバスだった」と反射的な反応であったことを認めた。

「最後のシケインにトップで入ったが、少しスピンしてしまった。まるでスーパーモタードで走っているようだった。誰が来たのは分からなかった。セルジオ・ガデアで争っていたら、エクトルが現れた。」

「ザクセンリンクで好リザルトを獲得したい。一度も表彰台に登ったことがないから、今回は達成したい。」

Tags:
125cc, 2007, A-STYLE TT ASSEN, Gabor Talmacsi

Other updates you may be interested in ›