初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキ、R.L.ヘイデン起用を発表

カワサキ、R.L.ヘイデン起用を発表

カワサキ・レーシングは11日、ロジャー・リー・ヘイデンをワイルドカードとして第11戦アメリカGPで起用することを発表した。

カワサキ・レーシングは11日、ロジャー・リー・ヘイデンをワイルドカードとして第11戦アメリカGPで起用することを発表した。

現在カワサキ・モーター・コーポレーションからAMA全米スーパーバイクとスーパースポーツ選手権に参戦する24歳のアメリカ人ライダーは、2006年11月のバレンシア合同テストの際に990ccマシンをテストした経験があり、先週オートポリスで800ccマシンを初テストした。

ラグナセカでは、MotoGPに初挑戦するだけでなく、同時開催されるスーパーバイク(現在ランキング2位)にも参戦する。

「先週のテストは上手く行った。直ぐにZX‐RRをいい感触を掴んだ。乗り慣れるまでに時間が必要なのは疑いの余地なし。だから、日本に行かせてくれ、初ライドをさせてくれたカワサキのサポートに本当に感謝している。普段使用しているバイクよりも小さく、エンジン回転数は高いが、操縦性は良く、自分が思うように走れる感じだ。」

「MotoGPでラグナセカのレースを実現する夢が叶う。最後にニッキーと一緒に走ってから、だいぶ時間が経った。プレッシャーはない。ポジティブな経験で、もし、ポイントを獲得できたら、最高だ。」

Tags:
MotoGP, 2007, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Nicky Hayden, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›