初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.ストーナー:(公式予選1位)「最初の予選タイヤでタイムを出した。通常は反対。2本目はすごく良かったけど、コーナーではらんでしまうミスを犯してしまった。コンマ数秒の遅れだっただけに、大きなミスとなった。自分自身に少し怒ったけど、最終的にポールを維持した。レースの準備には満足。あとはどのような展開になるかを見るだけ。もしかしたら、勝つ力がないかもしれないけど、表彰台争いをしなければいけない。」

C.ストーナー:(公式予選1位)
「最初の予選タイヤでタイムを出した。通常は反対。2本目はすごく良かったけど、コーナーではらんでしまうミスを犯してしまった。コンマ数秒の遅れだっただけに、大きなミスとなった。自分自身に少し怒ったけど、最終的にポールを維持した。レースの準備には満足。あとはどのような展開になるかを見るだけ。もしかしたら、勝つ力がないかもしれないけど、表彰台争いをしなければいけない。」

D.ペドロサ:(公式予選2位)
「満足。ここは非常に抜くのが難しいから、この1列目は重要だ。もちろん、昨年のようにポールを獲得できたら最高だったけど、すごく近かった。午前中は上手く行かなかったけど、午後はベストな方向性が見つかり、レースタイヤでコンスタントに速いリズムで走ることができたから、セッティングはいいと思う。少なくても、レースの序盤までは。中盤以降どうなるのか予想するのが難しい。」

V.ロッシ:(公式予選6位)
「もっと上の順位を期待していたが予選タイヤで問題があったのは残念。今週末の展開は難しく、タイムは接近し、レベルはすごく高い。明日はビックなバトルとなるだろう。リズムはすごくいい。ベストではないけど、全てが悪い訳ではない。上位グループでバトルできると思う。ここでの問題はパッシングが難しい、以前は高速右コーナーで抜けたが、800ccでは困難だ。ペドロサはここでは強敵だ。」

中野真矢:(公式予選10位)
「ようやく思い切って走れるようになってきました。苦しいレースになると思いますが、何とか食らいついて行きます。」

N.ヘイデン:(公式予選14位)
「午前中は少ししか良くならなかった。午後に幾つかセッティングを変更したけど、少し遅れてしまい、いいリズムで走ることができなかった。1本目の予選タイヤを履いたとき、チェカが前を横切り、アタックを中断することを余儀なくした。2本目は上手く走っていたが、10コーナーで大きなミスを犯してしまった。だから、ベストタイムはレースタイヤでマークしたもの。今夜、バイクに変更が必要か確認するつもりだ。」

C.チェカ:(公式予選15位)
「ここのサーキットで15番グリッドからスタートするのは簡単なことではないが、新しいシャーシは自信を与えてくれ、第2グループで位置することができ、トップ10入りを争うことができるだろう。自信があり、好タイムをマークできたから、転倒は残念だったけど、最終コーナーでプッシュし過ぎた。」

玉田誠:(公式予選18位)
「正直苦労している状態です。自分の思っているフィーリングには遠い。明日の朝またトライします。上手くスタートを決めて、少しでも前に行って、上を目指します。」

Tags:
MotoGP, 2007, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›