初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

G.タルマクシ、3度目のポールポジション奪取

G.タルマクシ、3度目のポールポジション奪取

第10戦ドイツGPの公式予選2は14日、ザクセンリンクで行われ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。シーズン3度目のポールポジションを奪取した。

第10戦ドイツGPの公式予選2は14日、ザクセンリンクで行われ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマーク。シーズン3度目のポールポジションを奪取した。

気温30度。路面温度41度のドライコンディションの中、初日トップのハンガリー人ライダーは、参加37人の中で唯一の1分27秒台を突破する1分26秒839を記録。3戦連続7度目のトップグリッドを狙ったマティア・パシーニに0.416秒差のアドバンテージをつけただけでなく、昨年ルーカス・ペセックが樹立したサーキットベストラップを0.225秒更新した。

ポイントリーダーのエクトル・ファウベルは3番手。負傷から復帰したブラドリー・スミスが9番手から浮上し、1列目を確保した。

2列目には、ペセック、サンドロ・コルテセ、シモーネ・コルシ、ランディ・クルメンナッハが並び、セルジオ・ガデア、エステベ・ラバットがトップ10入りした。

新型シャーシを投入して、初日10番手だった小山知良は、タイムを伸ばしたが、15番手に後退した。

Tags:
125cc, 2007, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›