初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、4位に満足

J.ロレンソ、4位に満足

ホルヘ・ロレンソは、第10戦ドイツGPで4番グリッドから4位フィニッシュ。まるで優勝したかのように、ガッツポーズを決めた。

ホルヘ・ロレンソは、第10戦ドイツGPで4番グリッドから4位フィニッシュ。まるで優勝したかのように、ガッツポーズを決めた。

スタートからグループ内で走行したスペイン人ライダーは、ラスト3ラップでランク2位のアンドレア・ドビツィオーソはパス。最終ラップには、KTMの青山博一とミカ・カリオがランク3位のアレックス・デ・アンジェリスを抜き、ロレンソにとっては願ってもいない結末となった。

「優勝者とのギャップは僅か0.5秒差だったから、レース後に自分自身を祝った。それに、アンドレアとアレックスが、僕とのポイント差をもっと詰めるだろうと考えていたけど、アレックスに僅か3ポイント差詰められただけ。たいしたことない。」

「そう、KTMを祝福しないと。僕を手助けしてくれたから。KTMのエンジンは素晴らしかった。ストレートで引き離されてしまった。シーズン中、トップスピードが時速数キロ不足している。チームは最善を尽くしているが、理論的にはファクトリーの問題で、僕は最高のマテリアルを使用しているけど、どうしたのか分からない。」

「チャンピオンシップは最終戦まで争われるだろう。人々は朝飯前だと考えているけど、そうではない。次はブルノ。高速コースで僕は叩き潰しに行く。」

Tags:
250cc, 2007, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›