初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.チェカ、ニューシャーシで好パフォーマンス

C.チェカ、ニューシャーシで好パフォーマンス

カルロス・チェカは、第10戦ドイツGPでニューシャーシを使用。決勝レースでは転倒を喫したことで、期待通りのリザルトを獲得できなかったが、初日から好パフォーマンスを披露し、困難な状況から抜け出す兆しを見せた。

カルロス・チェカは、第10戦ドイツGPでニューシャーシを使用。決勝レースでは転倒を喫したことで、期待通りのリザルトを獲得できなかったが、初日から好パフォーマンスを披露し、困難な状況から抜け出す兆しを見せた。

前戦TTアッセン終了後、日本に移動して3日間の鈴鹿8耐合同テストに参加してから、ドイツ入りしたスペイン人ライダーは初日5番手。幸先のスタートを切ったが、公式予選ではベストラップ走行中に転倒を喫したことが影響して15番手。決勝レースでは3ラップ目に再び転倒した。

「何が起こったのは分からない。12コーナーで少しイン側から進入し、フロントから転んでしまい、驚いた。転倒を除いて、バイクの感触は、2日間のセッションよりも良くなかった。朝のウォームアップ走行も含めて、ニューシャーシをいじって過ぎてしまった。」

「この状況を理解するのが難しいけど、今はポジティブになり、次戦アメリカGPのことを考えないといけない。好パフォーマンスができる状態にあると思うけど、なかなか今の状況から改善できないのは良くない。来週にはこの状況が変わることを期待する。」

Tags:
MotoGP, 2007, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›