Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ホプキンス、プレッシャーの中で7位フィニッシュ

J.ホプキンス、プレッシャーの中で7位フィニッシュ

ジョン・ホプキンスは、第10戦ドイツGPで7位フィニッシュ。過去最高のポイントランキング(4位)で次戦アメリカGPを迎える。

ジョン・ホプキンスは、第10戦ドイツGPで7位フィニッシュ。過去最高のポイントランキング(4位)で次戦アメリカGPを迎える。

来年からのカワサキ入りが決まったことで週末の注目を集めたアングロ・アメリカ人ライダーは、定位置となっている2列目5番グリッドからトップ3入りを狙い、レース前半は1分24秒1のアベレージでラップタイムを刻んでいたが、ラスト10ラップは1分26秒台にペースダウンし、表彰台争いから後退した。

「スタートは良く、1コーナーでポジション争いして、トップグループに喰らいついた。いいリズムで走ったが、幾つかミスを犯してしまい、前のライダーたちから離れてしまった。頭を沈め、プッシュし、効果的にラップタイムを上げようと試みた。ハードで、長く、暑いレースになることは承知していた。」

「ラスト7ラップくらいからタイヤに問題が出始め、特に左側のエッジグリップに苦戦した。ミランドリ、ストーナーとバトルした。奇妙なことを言うようだけど、まるで雨の中を走っているように、リアグリップが不足していた。」

「今、僕たちはアメリカに行く。楽しみだ!」

Tags:
MotoGP, 2007, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, John Hopkins

Other updates you may be interested in ›