初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

米国人ライダーたちが第2の地元GP開催を歓迎

米国人ライダーたちが第2の地元GP開催を歓迎

MotoGPクラスに参戦するアメリカ人ライダーたちは、第2の地元グランプリとなるインディアナポリスGPの開催を歓迎した。

MotoGPクラスに参戦するアメリカ人ライダーたちは、第2の地元グランプリとなるインディアナポリスGPの開催を歓迎した。

ケンタッキー出身のニッキー・ヘイデンは、「特にインディアナポリスのような歴史的なコースで新しいレースが開催されることに興奮している。僕にとってはホームグランプリ。オーエンズボロの町のみんなが観に来てくれることを期待する。それに、レッドブルがアメリカでMotoGPを発展させようと努力していることは最高だ」と、飲料水メーカーの支援に関しても喜びを語った。

テキサス・トルナードことコーリン・エドワーズは、「アメリカのファンにとっては感動的なことだろう。人気が高まっているし、年間2レースが開催されれば、もっと認知される。個人的にも大きな期待感がある。四輪の記憶的なレースの後、今度は二輪の番だ」と歴史的なレースへの参戦に期待を膨らませた。

カリフォルニア生まれのジョン・ホプキンスは、「アメリカで2戦行われるのは信じられない。待ち遠しい。インディアナポリスはアメリカモータースポーツの発祥地であり、ブリックヤードは世界で最も重要なコース。スペクタクロなイベントになることは間違いない。それに、ラグナセカに来られないファンにとっては理想的。向こうには、MotoGPファンがもっといる。サーキットには一度も行ったことがないから、コースを学習するために、最新のゲームを購入に行くつもりだ」と、学習熱心なところを見せた。

500ccクラスを3度制したケニー・ロバーツは、「ビックニュースです。インディアナポリスでレースをしなくないのは誰ですか?インパクトで、MotoGPは巨大に発展し、アメリカで確立することは確かです。インディで走り育った若者たちにとっては感動的でしょう」と説明する。

「マリオ・アンドレッティと知り合いました。同じ時代に欧州にいて、インディについて話題にすることは、歴史的なレースのことを語ることであり、伝説のコースでレースをすることであり、MotoGPにとっては大きな利益となるでしょう。もし、アメリカがチャンピオンシップにとって重要であるならば、これは大きな扉です。」

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›