初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第11戦アメリカGPを前日に控えた19日、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

第11戦アメリカGPを前日に控えた19日、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

ポイントリーダーとして登場したケーシー・ストーナーは、「ラグナセカは第2のホームグランプリになり始めている。昨年の雰囲気は本当に印象的で、ヨーロッパのサーキットよりも地元に感じる」とアメリカ人が作り出す環境を喜んだ。

「前半戦は僕たちにとって少し驚きのリザルトだったけど、僕たちがなぜトップに位置するのか探り出しているところだ。」

地元グランプリ3連覇を狙うニッキー・ヘイデンは、「例え昨年のことだけど、チャンピオンとして地元に戻ってきたのは気分がいい。ここ数戦で状況は良くなった。チームにとってベストな情報を収集しなければいけないし、オフィシャルセッションのリザルトを良くしないといけない」と初日から攻めて行くことを強調した。

安定したパフォーマンスを見せるジョン・ホプキンスは、地元でベストリザルトを狙う。「家族がここに来る。学生時代の友人たちも応援に来る。ファンにスペクタクロを提供したい。チームメイトを含めたライバルたちとバトルするために働かないと。クリスの得意なコースで、昨年はいい走りをした。ランク3位を狙うために、パフォーマンスを安定したい。」

カーボウイハットで登場したコーリン・エドワーズは、「テキサスの半分の住民が僕を応援に来る。昨年は良くなかったけど、伝統的に僕にとっていいコースだ。新しい路面。新しいバイク。どうタイヤを選択するのか分かるかい?」とタイヤチョイスが重要な要素となることを説明した。

前戦勝者のダニ・ペドロサは、「昨年はすごく良かった。ザクセンリンクでビックリザルトを獲得して来た。レースは長く、昨年ほど暑くないだろう。昨年は、あんなに速く走れるとは思ってもいなかった」と初挑戦で2位を獲得した昨年のレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2007, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›