初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、3連続のトップタイム

C.ストーナー、3連続のトップタイム

第11戦アメリカGPのフリー走行3は21日、ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

第11戦アメリカGPのフリー走行3は21日、ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温25度。路面温度38度のドライコンディションの中、初日2度のセッションで一番時計を刻んだポイントリーダーは、チャンピオンシップに復帰した2005年にニッキー・ヘイデンが樹立したポールレコードを0.305秒更新する1分22秒365を叩き出せば、昨年のポールシッター、クロス・バーミューレンが0.358秒差の2番手に浮上。ジョン・ホプキンス、マルコ・メランドリが続き、ブリヂストン勢が上位を占めた。

ニッキー・ヘイデンは最多36ラップを走行し、初日8番手から5番手にポジションアップ。ダニ・ペドロサ、コーリン・エドワーズが続いた。

初日10番手だった玉田誠は、トップから0.898秒差の8番手。セッション残り12分に転倒を喫して左手小指を痛めたバレンティーノ・ロッシは9番手。カルロス・チェカがトップ10入りした。中野真矢は1.369秒差の16番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, RED BULL U.S. GRAND PRIX, FP3

Other updates you may be interested in ›