初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.ストーナー、5連続のトップタイム

WUP:C.ストーナー、5連続のトップタイム

第11戦アメリカGPのウォームアップ走行は23日、ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。5度の全セッションを制した。

第11戦アメリカGPのウォームアップ走行は23日、ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。5度の全セッションを制した。

気温24度。路面温度27度のドライコンディションの中、ポイントリーダーは、最終ラップに1分21秒台を突破。ポールポジションタイム(1分22秒292)を0.347秒上回る1分21秒975を叩き出し、2番手のクリス・バーミューレンに0.425秒差の大差をつけた。

3番手にはジョン・ホプキンスは入り、ブリヂストン勢が上位を独占すれば、バレンティーノ・ロッシが0.782秒差の4番手。ダニ・ペドロサ、ロリス・カピロッシ、コーリン・エドワーズ、ロジャー・リー・ヘイデン、アレックス・バロス、ランディ・ド・プニエがトップ10入りした。

ラグナセカ3連覇を狙うニッキー・ヘイデンは、セッション中盤に左コーナーでフロントから切り込んで転倒を喫して11番手。玉田誠と中野真矢は17番手と18番手だった。

公式予選で転倒したマルコ・メランドリは、ボックス内で待機。走行を見送った。

Tags:
MotoGP, 2007, RED BULL U.S. GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›